医療法人 優美会 C5クリニック翠之杜 C5 CLINIC

24時間対応 在宅療養支援診療所TEL 092-521-2031

TAP療法
(近日診療開始予定)

福岡の再生医療、癌治療、生活習慣病治療

TAP療法
(TAP SOLUTION)

Triangle Autologus Plasma
(3大自己免疫血清)の略字です。

自分の血液から細胞再生のため、成長因子やたんぱく質を抽出し高濃度に濃縮して必要な所に注射する治療法

治療法について
本人の血液から細胞再生成分を抽出、濃縮し治療剤を製造して
脱毛や皮膚老化を治療する治療法

TAP療法のメリット

根本的な治療でその効果が長く続く
一般的な薬物のように症状の緩和ではなく、血管を再生し毛根を活性化させてその効果が約2年間続く。
根本的な治療
副作用が全くない
自分の血液で治療するため、副作用が全くない。
副作用がない
毎日、薬をのむ必要がない
毎日飲まないといけない既存の脱毛治療剤と違って毎日薬を飲む必要がない。
服用の必要がない
脱毛治療剤を飲めない女性患者に適合
奇形児出産の心配で脱毛治療剤を飲めない女性患者に適合。
脱毛治療剤を飲めない方にも適合

治療プロセス

育毛(髪の再生医療)

国内初、最先端医療による発毛
〜PRP療法をより進化させた、最新発毛治療〜

PRP療法の進化版の最新の再生療法の技術で、ご自分の血より抽出した髪の毛の再生の根幹になる成長因子とタンパク質と幹細胞培養上清液を頭皮に注入する療法で、 髪の毛の再生・活性状況を 短期間で造りあげることができます。

TAP療法とPRPの違い
液体血小板
半固体
血小板+再生成分
グロスファクターメソセラピー

グロスファクター=幹細胞培養上清液+髪の毛の栄養素を使ったグロスファクターメソセラピーは、オリジナルの育毛メソセラピー幹細胞培養上清液とミノキシジルやフィナステリドや複合ビタミンなどを頭皮に直接、エレクトロポレーション(電気穿孔法)と呼ばれる手法で、直接注入し、毛包・毛乳頭を再生・活性させ、内服療法でDHTを阻止しより発毛効果を高め、発毛した髪の毛を持続させる治療です。

当クリニックで行うメソセラピーには大きく分けて、
「発毛」「育毛」の2つの効果があります。

当クリニックのメソセラピーでは、バイオで作られたグロスファクターではなく、人幹細胞から抽出したタンパク(幹細胞 培養上清液)を用います。

この幹細胞抽出タンパクには発毛を促進する各種の成分が豊富に含まれているのと、 人幹細胞から抽出したタンパク質のため、いわば発毛のスイッチの役割を果たすキーが人型なので、効率良く再生・ 活性します。

人幹細胞から抽出したタンパク質に含まれる成長因子を頭皮に注入することで、休止状態や成長期の毛母細胞 を活性化させ、発毛を促すことができるのです。

また、毛髪が成長するには、毛母細胞が絶えず分裂を続けることが 必要であり、そのためには毛母細胞への十分な栄養の供給が不可欠となります。 育毛メソセラピーで使用されるカクテルには、多くの育毛成分が含まれており、毛母細胞の活動を効果的にサポートします。

なお、酵素(5αリグクターゼ)を阻害する事がとても大切で、内服、外用薬を併用する事により、発毛効果を より高める事ができます。

治療の目安
2週間から1ヶ月に1回、計12回 6ヶ月〜12か月が治療が目安となります。
TAPメソッド
TAPメソッド
TAPメソッド

TAP療法用の施術機器です。
この機械を使い、血液の中から発毛に 必要な成分、成長因子と発毛に必要 なものを混合します。

施術の様子
施術の様子

育毛用に生成した液を直接頭部に注射します。
麻酔(塗り麻酔または無痛針にて麻酔)により、痛みはほとんどありません。
患者の気になる部分に注射することにより、施術部分の細胞を活性化させます。

脱毛治療と皮膚再生治療
脱毛治療
脱毛治療

副作用ない高い効果、色んな脱毛患者に適用可能です。特に次のような方に治療した時、高い治療満足度がありました。

・移植手術ができない部分の脱毛
・移植手術後の脱毛
・薬物副作用が現れた脱毛患者
・ホルモン剤の治療ができない女性

皮膚再生治療
皮膚再生治療

・成長因子が皮膚内のコラーゲンの生成を促進
・皮膚の弾力再生
・皮膚のしわの改善
・皮膚の色が明るくなり、若くて健康に見える効果

※フィラーを使用すると、表情が不自然で皮膚壊死などの副作用の可能性がある
TAPは副作用が全くない、約3回の施術でもっといい効果がある

Q&A
髪の再生のための必須要素とは?
A : 髪の再生のための3大要素があります。
この中で一つでも不足すると、髪は新しく生えません。
1) Scaffold components
(髪の基になるたんぱく質類)
2) Growth factors
(髪が成長するようにする成長因子たち)
3) Progenitor cell
(髪に分化する前段階の細胞)
TAP療法は既存の脱毛治療とどう違いますか?
A : 客観的に証明された医療技術の中、髪が再生される唯一の治療法です。

• PRP(自己血治療法の一種)治療は自分の血液から成長因子を抽出し、頭皮に注射する治療法で髪の基になるたんぱく質(Scaffold component)の定量化、抽出するプロセスがなく、髪を十分に再生させるには足りません。

• 薬物治療は髪を新しく生えるようにする治療というよりはこれ以上に髪が抜けないようにする役割主であり、毛髪移植後、移植した髪の保存、脱毛進行防止などに効果的な治療です。

• 栄養注射治療は髪が成長するのに必要な栄養分を頭皮に直接に注射することで毛根に栄養を供給し、髪が成長するようにする治療です。
しかし、頭皮に髪再生のための3大必須要素の中、一つでも不足すると、いくら良い栄養を注射しても髪は生えません。
TAP療法は毛髪移植よりメリットはありますか?
A: 毛髪移植は短期間で脱毛の痛みから遁れる非常に効果的な治療手術です。TAPソリューションは次のような方に最適なソリューションです。

・移植ができない部分での脱毛
・移植手術後の脱毛
・薬物副作用が現れた脱毛患者
・ホルモン調節剤治療を受けられない妊婦や可妊期女性
TAP療法は信用できますか?
A:TAP療法は毛髪再生医学分野の最高権威者である Dr. Giovanni Schiavone と彼の医療チームがローマのI.D.I医療センターで長時間に亘って多様な臨床経験を元に創案された最新医療技術です。
TAP療法の臨床結果はアメリカの最高権威の皮膚科学術誌 ‘Dermatologic Surgery’に2013年10月に論文が掲載されています。TAP療法は2013年全世界にローンチングされ、最近はヨーロッパ、アメリカ、中東、アジアなど世界各地で使用されている安全で効果的な最新治療法です。日本ではGROW METHOD社が販売権利や商標権を持っております。TAP療法で使用する全ての施術材料はヨーロッパで使用する同一な材料で医療先進国のフィンランドの製品を使用しております。